水溶性ケイ素「テラシリカ」を知ろう!「美肌にはケイ素!」

ケイ素は、体の中に存在している元素ですが、多く存在するのが骨、リンパ節、歯、肺、皮膚、毛髪、つめなどです。

今回は、目でみてもわかる「肌」について書いてみました。

美肌には、ケイ素!!



なぜ美肌にケイ素なのか?

ケイ素は、コラーゲンとエラスチン、ヒアルロン酸を結合してくれるから!
なぜ結合するといいのか?

コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸は、美肌の三大要素であり、結合する事によって組織が丈夫になり、弾力性のある真皮を作ってくれ、ハリと潤いのある肌にしてくれます。

では、皮膚はどう作られているの?

皮膚は、表面から表皮、真皮、皮下組織の三層になっています。

一番上の表皮は、4層になっていて(上から角質、顆粒層、有棘層、基底層)

基底層から有棘層まで14日、角質層でアカになってはがれるまで14日、合わせて28日!これをターンオーバーといいます。
皮膚は、28日サイクルで新陳代謝を繰り返しています。

これが、しっかり行われているとすべすべお肌が保たれるのですが、新陳代謝が衰えてサイクルが長くなると、古い角質がとどまり肌トラブルにつながります。

また

表皮のすぐ下にある真皮が、ボロボロになると表皮のターンオーバーの乱れがおこり、肌トラブルにつながります。

真皮とは?

真皮は、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸、繊維芽細胞などでつくられていて、真皮を支えるコラーゲン(保水性にすぐれている)、コラーゲンを束ねるエラスチン(弾力性をつくる)、コラーゲンとエラスチンの間を埋めているのがヒアルロン酸です。

ストレス、老化などで新陳代謝が悪くなると古いコラーゲンやエラスチンがいすわり、硬化してきます。すると、水分がためられなくなり シワやたるみの原因になります。

皮膚の新陳代謝を正常に戻すには、細胞を構成するヒアルロン酸、エラスチン、コラーゲンを摂取してもいいのですが、サプリメントなどで摂取しても消化酵素で分解されてしまいます。

その点、ケイ素は元素なので分解されず、ケイ素のまま細胞に届きます。

ケイ素
は、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を結合してくれるので、バランスの良い食事とケイ素を摂る事をおすすめします。

美容液などは、表面から肌に潤いをあたえるもので、表皮に効果があります。真皮に効果があるのは、摂取する事です。「テラシリカ」を飲用する事が美肌につながります。

  • 元素…それ以上に分解し得ない物質
  • 真皮…繊維性結合組織から構成される皮膚の層
  • 水溶性ケイ素テラシリカ…水晶を1650度の高温で燃焼し、不純物を除去化して一定濃度の完全な水溶液としたものです。さらにテラヘルツ光線を照射した高機能製品てす。

詳しくケイ素の事を知りたい方は、下記バナーをクリックしてください。

ケイ素を31日間かけて知ることができる。 ケイ素カレンダー

ケイ素の活用法を知りたい方はこちら!  ケイ素活用法

 

 

New ワークショップ案内
  1. 2017.10.29

    10月sewing club

アーカイブ